お宮参り 月齢

お宮参り

 

ようやくお宮参りに行ってきました!

 

本来であれば生後1ヶ月程度で行くものとされていますが、昨今の状況もあってなかなか難しかったりもしますよね。

 

我が家も元々予定していた日程でコロナの濃厚接触者認定を受け、見送らないといけない状況になってしましいました。(結果的にコロナ関係は何の問題もなく過ごしております)

真夏の暑い時期や真冬の寒さが厳しい時期は新生児卒業したての赤ちゃんを連れて歩くのは難しいので、時期をずらして参拝するというご家庭も多いハズ。

 

 

今回、お宮参りに行ったときにどんな月齢の赤ちゃんがいるのか観察してみました。

 

まず、10月の半ばという時期は七五三とも重なるので、境内は子連れだらけなんですよ。笑

緊急事態宣言中の参拝を見合わせていた家庭も多いでしょうから、普段以上に混み合っていました。

 

なので、赤ちゃんを連れた人が必ずしもお宮参りとは限らないという状況だったので、祝い着を巻いている赤ちゃん限定で考えてみます。

 

抱っこしている様子を見ていると、首が座っている赤ちゃんはあまりいませんでした。

中には座ってそうな子もいるかなという感じですが、多くは横抱きでしたね。

 

我が家のように縦抱きで、何なら一人でお座りもしますけど?みたいなふてぶてしい子はいません。笑

この時点で最年長なのは確定的かなって感じですね。

 

そしてお祈りが始まると、チラホラと誕生日が聞こえてくるんですよね。

最多は月齢が1ヶ月ぐらいのグループでした。

 

 

次に7月頃の3ヶ月程度の子も結構いましたね。

コロナによる緊急事態宣言や8月の暑い時期を避けたということでしょう。

 

たいてい、そのどちらかという結果でした。

なので、3ヶ月ぐらいの子で「首が座っている子もいれば、まだの子もいる」と考えると、最初の観察結果とも一致しそうです。

 

他と比べるような行事ではなく、神様にお礼を伝えてこれからの健やかな成長を祈るという本来の意味では、いつお参りしても問題はありませんが、3ヶ月頃までなら他にもたくさんいますよってことですね。

 

我が家のようにすっかり時期が過ぎた子もいますが、誰に何を言われることもありませんので、行ける時期に行ったらいいのかなと思いました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました